{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

cs002 山中塗 / S

¥13,200 税込

送料についてはこちら

  • black

    残り1点

  • red

    残り1点

ご注文後約5営業日後のお届けとなります Item will be shipped within 5 business days 山中漆器は、日本一の木工ろくろの産地である石川県加賀市山中温泉地区で、16世紀後半に発祥しました。その技術に着目し、漆のもつ艶やかさを最大限に引き出すことを目的にデザインしたお椀です。口縁のピンと張ったシャープなシルエットに対して、内側は波紋のような有機的な凹凸があり。この内側の複雑な曲面が独特の光の反射を生み、艶感を強調することが可能となりました。 Yamanaka-shikki is a type of lacquer ware which originated in the late 16th century in the Yamanaka Onsen (hot spring) region in Kaga, Ishikawa Prefecture; a locality renowned for its woodturning. This bowl has been designed with the aim of bringing out the distinctive gloss and sheen of traditional Japanese lacquer to the fullest possible extent. The inside has a natural rippled finish, in stark contrast to the sharply stretched out silhouette of the mouth of the bowl. This complex curved surface reflects the light in a unique way, making it possible to accentuate the glossy finish even further. サイズバリエーションについてはお問い合わせください。 Please contact us about the size variation. ●size (mm) H:58 W:114 D:114 ●weight (g) 約100g ●other 水を張った桶などに長時間漬けたままにしないでください。